就学するまでに身に付けさせたい自分でできる事

子供が小さい間の親の接し方

お子さんがまだ乳幼児や小さいうちは親の接し方としてはまず日常生活をしっかり送れるようになることや言葉を確実に覚えさせるなど、基本的なことが重要で一番接するのに嬉しさもあれば難しさもある時期だと思います。
あと自分で興味を持ったものに積極的に触れさせるということもこの時期重要なことだと思います、しっかりと興味を持ったことに意識を向けさせることは自我の発育にも繋がりますし、なんでも吸収することが早いこの時期に自分で興味を持つということをしっかり身に付けさせるのはとても大事なことだと思います。
ある程度自由に、しかし重要なところはしっかりしつけることで成長期に掛けてのお子さんの伸びが違ってくるかと思います。

子供に自分で興味を抱かせる

自分で興味を抱かせることの大事さですが、やはり自我がこれから目覚め始める時期でもあるので、眼に入ってくるものはとにかく新鮮に見えて仕方ないはずです、とにかく興味を持ったものはよく見せてあげましょうそして自分でいるいらないの判別ができるように仕向けていきましょう。
徐々にではありますが自分で物の判断が付けられるようにしつけていくのです。
そして自分でできる事は自分でやらせるようにしていくことが重要です、それが成長期への自立に繋がっていくのです。
とにかく身の回りのものに興味を抱かせることがこの時期とても大事です。
そうすることが素直な自我の発育や自分で自分のことができるように成る第一歩になって行きます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る